家族に不幸があった場合のお正月

家族に不幸があった場合、お正月をどうすべきか神社で聞いてきました。 9月に妻が亡くなって、お正月をどうすべきか悩んでいたのですが、五十日過ぎれば普通にお正月を迎えて構わないそうです。 神道では心喪(追悼の心を持ちながら日常生活を営む期間)は五十日(仏教では四十九日)だそうです。 この期間が明ければ、普通にお正月を迎えて構わ…

続きを読むread more

料金不足の寒中見舞い 10円を払いに郵便局へ

亡き妻の友人と思われる方から寒中見舞いのハガキが届きました。 郵便局から、郵便料金が不足していますが、届けましたという張り紙がありました。 受け取りを拒否するか、(この場合は、発送者にはがきは戻されるようです) 不足分の10円切手を貼ってポストに投函するか、郵便局に出向いて10円を払ってほしいとのことです。 彼女は、気づ…

続きを読むread more