勇気ある行為が世の中を前向きにし、笑顔が世の中を明るくします

疲れている人に席を譲ろうとした。 困っている人を助けようとした。 あなたの善意は、たとえ受け入れられなくても、その行為が世の中を勇気づけることになります。 勇気を振り絞って、 席を譲ろうとしたのに断られたら、 手助けしようと声をかけたのに断られたら、 あなた自身が傷ついてしまいますよね。 でも、 あなたの…

続きを読むread more

職員室で生徒をほめることができるあなたは素晴らしい先生です

授業から職員室に戻ってきて、生徒の様子を周りの先生方に話をする光景はよく見られるものです。 その時、今終えたばかりの授業での生徒の姿をほめることのできるあなたは、素晴らしい先生です。 周りの先生方も、 「なるほど、このクラスにはこんな良いところがるのか」 「この子にはこんな良い面があるのか」 と、前向きにとらえてくれま…

続きを読むread more

子育ては、自分自身も子供とともに成長する幸せな時間

大学を卒業して、教師としての道を歩み始めたころのことです。 今は亡き母がこんなことを言いました。 「お前たち(私は兄の二人兄弟)のおかげで、二度の成長をすることができた。本当にありがとう」 その時の言葉をそのまま覚えているわけではありませんが、おおよそ次のような内容だったと思います。 「自分が生まれてから大人にな…

続きを読むread more

月曜から始まる新学期は

県内の小中学校の多くは、昨日から新学期が始まりました。 長年、高校の教師をしていた経験から言わせていただければ、月曜日から始まる新学期は、最初の一週間が長いです。 子供たちは、3日目あたりから疲れが見え始めます。 大人だって、長く休んだ後、1週間フルに活動するのはつらいと思います。 小中学生であればなおさらです。…

続きを読むread more

新しい花が供えられていました

天気予報では、午後から雨になりそうなので、天気の良いうちに、お墓参りを兼ねて散歩に出かけました。 今日は朝から良い天気です。 気温もそれほど高くなく、湿度も低くて爽やかです。 お墓には、5日前とは違う花が供えられていました。 「おかあさん、ありがたいね。どなたが供えてくれたの?」 「残念ながら、おとうさんには分から…

続きを読むread more

良い舞台を見てきました

娘の出演する舞台を見てきました。 ラストには感動して涙が流れました。 3日前は、ダンスを中心とするステージでしたが、 今回は「銀河鉄道ノヨル」。 宮澤 賢治の世界を、こういう方法で表現できるんだと、驚くとともに感動しました。 ジョバンニもカムパネルラも本当に素晴らしかった、もちろん娘も。 一緒に観た彼…

続きを読むread more

不思議なご縁

近所のホームセンターで思いがけない人にお会いしました。 一年前の妻の葬儀でお世話になった葬儀社の方です。 いつでも、誰でも、手ぶらでお墓参りできるように、お墓に線香とライターを備えているのですが、 その線香が少なくなってきたのを思い出して、近所のホームセンターに買いに行きました。 そこで、思いがけず、一年前に妻の葬儀でお…

続きを読むread more

久しぶりに娘の出演する舞台を見てきました

今回は、ダンスイベントで、久しぶりに、娘の切れのあるダンスを見て感激しました。 残念ながら、舞台は撮影できないので、写真はありませんが・・・。 普段の一人と二匹の生活から、大都会東京へ。 行き方案内のアプリのおかげで、迷うこともなく、自宅を出てから3時間弱で到着。 早く着きすぎて、少し時間をつぶしてから会場へ…

続きを読むread more

何で勉強しなくちゃいけないの?(高校生の場合)

四十年前、青年教師だったころ、 生徒に 「何で、勉強しなくちゃいけないんですか?」と聞かれることがありました。 私が担当している『生物』では、最初の授業で、 「一年間かけて『命』のいろいろな側面を見ていきます。一年後、そうして得た知識をもとに、あなた自身が『命』について考えてください」と話していました。 「先生の『生物…

続きを読むread more

何で勉強しなくちゃいけないの?(小学生の場合)

近所に住む小学4年生の友達が話しかけてきました。 彼は、私を先生と呼びます。 「先生さ、何で勉強しなくちゃいけないの?」 どうやら彼は、勉強が好きではないようです。 「学校の授業は面白いでしょ?」と私が聞くと、 「そうでもない」との答え。 面白くない授業をする担任も問題ですが、今はその話ではありません。 …

続きを読むread more

多くの人たちに支えられて

お盆で帰省していた子供や孫たちも帰った後、 近所の奥さんがお線香をあげに来てくれました。 昨日は、妻と私の共通の大学の後輩たちが、東京やシアトルから40年ぶりに来てくれました。 ついつい話がはずんで、昼前から午後の5時過ぎまで・・・。 後輩たちとお墓に行ったら、多くの花が供えられていました。 ありがたいことです…

続きを読むread more

妻の新盆の送り火

妻の新盆が終わりました。 朝から、台風の影響か、風が強く、雨が降ったりやんだりの天気です。 天候のせいか、それとも、お盆の最終日だからなのか、何となく気力がわいてこない一日でした。 一人でいると気が滅入ります。 (ごめん、ミユ(ネコ)とカメ太郎(カメ)がいました) お盆前には、子供・孫たちにあれもしてあげよ…

続きを読むread more

妻の新盆

今年は、昨年9月に亡くなった妻の新盆です。 妻が迷わずに帰ってこれるように、軒先に目印となる白提灯をさげました。 盆棚も飾りました。 かなり簡略化した形ですが、仰々しいのが嫌いな妻にはちょうど良いかもしれません。 ご住職は 「手作りの料理のお膳さえ上げれば、盆棚を飾らなくていいですよ」 とおっしゃっていま…

続きを読むread more

妻の11回目にの月命日、そして盆棚の準備

今日は妻の11回目の月命日です。 いつものようにお膳をあげました。 お盆も近いので、盆棚も準備しました。 宗派の公式ホームページを見ても、盆棚の飾りは地域や家庭でまちまちとの説明です。 いろいろ調べてみると、盆棚は、宗教ではなく習俗のようです。 ということで、我が家なりの飾り方をすることにしました。 実家…

続きを読むread more

盆棚の準備

妻の新盆のために盆棚の準備をしました。 盆棚をどう作るか、聞いたり調べたりしたのですが、はっきりしません。 ネットでは、○○を使う、○○を飾るとか、いろいろ書いてあります。 宗派や地域によっては、異なることが書かれています。 結局、地域・家庭によってまちまちなようです。 ということで、我が家なりの飾り方をすれば…

続きを読むread more

お盆の準備、猫の手も借りたいのですが・・・

お盆が近づいてきました。 今年は妻の新盆。 いろいろやることはあるんだけど、暑くて、ちょっと動いては熱中症予防のために休憩。 全然はかどりません。 一人と二匹の生活で、二匹はあてにならないし。 ネコは昼寝ばっかりで、手を貸してくれる様子はありません。 今日は子供たちの部屋の掃除。 カーテンは、フックを外…

続きを読むread more

暑さに耐えきれず、簾をつけることにしました

我が家の室温は、今日で11日連続35℃越え。 一人と二匹(ネコと亀)の生活では、クーラーを使うのも、電気代がもったいないので我慢していました。 それにしても暑い。 風が通るか、湿度が低ければ、何とかしのげるのですが・・・。 考えてみると、午前中に日当たりが良いのが室温上昇の原因ではないかと・・・。 そこで、日が…

続きを読むread more

やっとセミが鳴き始めました

宅地造成のために、裏の林が切り倒されて、例年うるさいほど聞こえたセミの声が今年は聞こえません。 そんな中、我が家のセミが羽化し始めて、やっと鳴き始めました。 我が家のセミとは言っても、飼育しているわけではなく、勝手に庭に同居しているだけです。 数日前から、庭のあちこちに穴が開いていて、どうやら順調に羽化しているようです…

続きを読むread more