娘の誕生日と孫の描いた絵、今日もいい日です

今日は天気は良いですが、朝から強風が吹いています。 あの日もこんな晴れた風の強い日でした。 今日は娘の誕生日です。 居間には、娘が生まれた日の写真が飾ってあります。 本人はおぼえたないだろうけど(笑) 何もしてあげられないけど、「おめでとう」のメッセージを送りました。 良い一年でありますようにと祈ります。 …

続きを読むread more

快適!独居老人生活(30)家計簿にぜいたく費の項目

妻が亡くなって最初の数か月は様々な手続きに追われました。 悲しみに沈む暇も、寂しさに襲われる暇もなく忙しかったのは幸いでした。 こまごまとした手続きが一通り終わってからのほうが虚しさが強くなりました。 そんな時、まだ現実問題が残っているのに気が付きました。 お金の問題です。 老後は二人の年金で何とかやっていけ…

続きを読むread more

快適!独居老人生活(29)敬して遠ざける

「幸せなひとりぼっち」を書きながら、いろいろな思いがわいてきました。 その一部を書かせていただきます。 妻が亡くなってからの一年と数か月、多くの方々から心からのお励ましをいただき、前の向く大きな力になりなした。 そして、ごく一部の心無い人から傷つけられることもありました。 今でも、日々のちょっとした出来事や、見…

続きを読むread more

「幸せなひとりぼっち」、妻のこと、そして、これから

天気予報では、今日は気温が上がらず午後から雨とのことでした。 そこで、午前中に用事をすませて、午後からはビデオ(映画)鑑賞。 何を見ようかな。 ちょっと気になる題名がありました。 独居老人にとっては興味ある題名です。 説明を見てみると、 「妻に先立たれ、さびしさと悲しみに耐えきれなくなった中年男性オー…

続きを読むread more

快適!独居老人生活(28)飾りに惑わされず、しっかり人格を見極める目

「おしゃれなからす」の話(快適!独居老人生活(27)物の価値は自分で決める)を書いていて、ふと気が付きました。 物だけではなく、肩書や経歴、過去の栄光、人脈といったものも、その人の人格とは関係のない飾りだということです。 どうも私たちは、こういった飾りと人格を混同しがちです。飾りに惑わされず、しっかり人格を見極める目を持…

続きを読むread more