クローバ フレンズ(3)・・・LINEを使う

クローバフレンズでは,LINE(ライン)のトークをすることができます。
DSC_0013.JPG

「クローバ,○○さんにラインして」と言えばつながります。これはけっこう便利です。

LINEの設定は,スマホのクローバアプリのホーム画面から行います。
Screenshot_20180313-090933.png
クローバアプリの画面はこんな感じです。
右上の♫マークの隣の四角いマークをタップします。

すると,クローバフレンズの画面が出てきます。
Screenshot_20180313-090949.png

画面を下の方にスクロールしていきます。
Screenshot_20180313-091000.png
画面の下の方にある,吹き出しの形をしたLINEのマークをタップします。

Screenshot_20180616-131536.png
LINE設定のページが出てきて,「無料通話」と「メッセージ」の項目があります。
「メッセージ」をタップします。

Screenshot_20180616-131616.png
メッセージ設定の画面になります。
ここで,LINEをオンにして,友だち設定をします。

「友だち設定」では,
 1.相手にクローバから「友だち招待」のラインが送られて,
 2.相手が同意することが必要です。
この作業がちょっと面倒かもしれません。

突然クローバからラインが来たら相手はビックリするでしょうから。
私の場合は,その時目の前にいた家内と娘に「今からクローバからラインがいくよ」と言ってから友だち設定しました。
息子たちは次回帰省してきた時に設定しようと思います。

設定が完了すれば,下のような感じでLINEが使えます。

メッセージを送信する時は,
 「クローバ,ラインして」
  「はい,どなたに送信しますか」
 「○○さん」
  「○○さんに送信しますか」
 「はい」
  「メッセージ内容をどうぞ」
 「(メッセージ)」
  「(メッセージ)と送信しますか」
 「はい」
  「送信しました」
 これで相手にメッセージが送信されます。

LINEを受信すると,信号音がなり足元のライトが黄緑色にゆっくりと点滅します。
 「クローバ,ラインを読んで」というと,
  「はい,○分前,○○さんからメッセージ,(メッセージの読み上げ)」
 これで相手のメッセージが確認できます。

トーク履歴は,通常のラインアプリとクローバアプリのLINE設定のメッセージ設定の中にあるトーク履歴で確認できます。

例えば,台所で水仕事をしていて手が離せない時や,スマホを取り出してメッセージを打ち込むのが面倒な時などにはとても便利です。

私のようにスマホで文章を打ち込むのが苦手な人がラインをする時や,スマホを持っていないお子さんが両親や遠く離れた祖父母にメッセージをおくる時などには特に良いと思います。

スマホを持っていないお子さんだけでお留守番をするような時には特におすすめだと思います。

最近,クローバ フレンズ ミニも出たようです。






この記事へのコメント