「IPアドレスが取得できません」って・・・?

以前,「IPアドレスが取得できません」というメッセージが表示されて,パソコンがインターネットにつながらなくなったことがありました。
次の日にはつながったりするのですが,今度は別のパソコンやタブレットがつながらなくなったりします。
Wi-Fiルータが不調なのかと思い買い替えてみましたが状況は変わりませんでした。

DSC_0399.JPG
いろいろ調べた結果,NTTのルータが割り当てるIPアドレスの数を制限しているのではないかと考えました。

この時,我が家でWi-Fiを利用して家庭内のLANにつながっていたのは,
パソコン2台
スマホが2台
プリンター2台

DSC_0019.JPG
電子書籍のKindle1台とKindle Fire1台

DSC_0400.JPG
テレビにつながっている Fire TV Stick1台とchromecastが1台

DSC_0110.JPG
AIスピーカーのクローバフレンズ1台とグーグルホームミニ1台とエコードット1台

合計13台がWi-Fiを利用していました。
Wi-Fiを利用する機器が10台を超えると不具合が起きるようです。

Wi-Fiルータのメーカーに問い合わせたところ,詳しく調べてくれて最終的に「NTTのルータがIPアドレスの数を制限しているようだ」ということでした。
そこで,NTTの有料サポートに問い合わせると,「ルータがIPアドレスの数を制限することはない」「上席とも相談したが,お客様の使い方が悪いのでは」の一点張りでらちが明きません。有料なのに・・・。

仕方がないので,自分でいろいろ調べた結果,NTTのルータ『RT-200KI』が割り当てるIPアドレスの数が出荷時に10個に設定されていることが分かりました。

早速,インターネットエクスプローラでhttp://ntt.setup/を開いて『RT-200KI』の設定画面を読みだして,
「ルータ設定」から「DHCP設定」を選択して「DHCPサーバ設定」を見てみると,
「割り当て開始IPアドレス」の数値が192.168.1.2「割り当て終了IPアドレス」の数値が192.168.1.11になっていました。
これでは,割り当てられる数は10個です。ちなみに数値192.168.1.1はルータ自身が使っているものと思われます。
RT200KI2.jpg
「割り当て終了IPアドレス」の最後の数値を11から31に変更して,割り当てる数を30個にしたところ不具合は無くなりました。
めでたし,めでたし。

この記事へのコメント