孫用に買ったパネルヒーターの長所と短所

昨年の暮れに、帰省してくる長男家族の部屋用にパネルヒーターを買いました。
DSC_0660.JPG
輻射熱と対流で暖めます。
部屋全体をすぐ温めることはできませんが、
・空気が汚れず、
・ホコリもたたず、
・静かで、
・火傷の心配が少ないので、
小さな子供がいる部屋には最適で、評判も良かったので、今年は次男家族の部屋用を買いました。

DSC_0652.JPG
段ボール箱を開けると、

DSC_0655.JPG
ヒーター本体と、キャスター、取扱説明書、保証書が入っていました。
本体の横幅は90㎝ほどです。

DSC_0658.JPG
キャスターの取り付けにはプラスドライバーが必要です。
キャスターをつけた状態で高さは60㎝ほどです。

DSC_0659.JPG
裏側はこんな感じです。
電源コードは3mほどの長さです。

何種類かのパネルヒーターを検討したのですが、消費電力設定や温度設定・タイマー設定などの機能と価格を比較してこの機種を選びました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★遠赤外線 パネルヒーター Balwarm バルウォーム BAL-001
価格:15680円(税込、送料無料) (2018/12/18時点)



初めて電源を入れると、独特の臭いがします。
バーベキュー用の鉄板を始めて火にかけた時のような臭いです。

我が家では、3時間ほど通電して放置しておいて、次の日、電源を入れてみたら臭いはしませんでした。

以上、購入したパネルヒーターの長所は、
・空気が汚れない
・ホコリがたたない
・音がしない
・火傷の危険が少ない
といったところです。

短所は、
・部屋がすぐ温まらない
・使い始めは臭いがする
ということです。

対策としては、我が家では、
部屋を使う30分から1時間前ぐらいから運転しておくか、
最初はセラミックファンヒーターで部屋を暖めてから運転しています。

また、臭いに関しては、初めて使うときは、換気しながら数時間運転すると、2回目からは臭いがしなくなります。



この記事へのコメント