腰痛防止のためのパソコン台 立って操作できるように工夫

長時間パソコンを操作しても腰痛にならないように、立ってパソコンを操作できる台を作りました。
DSC_0693.JPG
寒い日に、椅子に座って長時間パソコンを操作していたら、背中の筋肉が固まって、腰が痛くなりました。

もともと腰痛持ちなので、長時間椅子に座っているのは苦手です。

そこで、家にあるのを組み合わせて、立ったままパソコンを操作できるような台を作りました。

まず、机に踏み台を置いてみましたが、キーボードを置くスペースがありません。
DSC_0682.JPG
キーボードを置くために、踏み台の上にすのこを乗っけてみましたが、長すぎます。

DSC_0681.JPG
そこで、すのこを切って長さを調節できるようにしました。
DSC_0684.JPG
上の板を前後させてキーボードの位置を調節できます。


しかし、この高さでは、まだキーボードが低すぎます。
DSC_0687.JPG

すのこの上に菓子箱を2つ置いて、その上にキーボードを乗せてみました。
DSC_0688.JPG

キーボードの高さはまずまずでが、マウスを置く場所がありません。
DSC_0690.JPG

菓子箱の上に板を置いてみました。
DSC_0691.JPG
板の長さは、キーボードとマウスを操作するのにちょうどよいものでした。

家にあるものだけで、立ったままパソコンを操作する台ができました。
不格好で、バランスが悪いように見えますが、ディスプレイの重さで安定しています。

これで、腰痛の予防と運動不足の解消に役立ちそうです。



この記事へのコメント