料金不足の寒中見舞い 10円を払いに郵便局へ

亡き妻の友人と思われる方から寒中見舞いのハガキが届きました。
郵便局から、郵便料金が不足していますが、届けましたという張り紙がありました。
DSC_0718.JPG
受け取りを拒否するか、(この場合は、発送者にはがきは戻されるようです)
不足分の10円切手を貼ってポストに投函するか、郵便局に出向いて10円を払ってほしいとのことです。

彼女は、気づかないまま同じことを繰り返して、誰かに迷惑をかける可能性があります。
郵便料金が上がったことを知っていただくためには拒否したほうが良いかとも考えました。

しかし、郵便局の方のことを考えると、たった10円のためにまた配達するのは気の毒です。

しかたがないので、年末の忙しい時期ですが、郵便局まで行ってきました。
(家に10円切手がなかったので)

料金不足は、相手に迷惑をかけます。
ちゃんと確認しましょう。

この記事へのコメント