話し相手としてのAIスピーカー達(1)Clova Friends

我が家には4台のAIスピーカーがあります。
LINEのClova Friends(クローバ フレンズ)と
IMGP1603.JPG

WAVE(クローバ ウェーブ)、
IMGP1612.JPG

Amazon Echo Dot(エコードット)、
IMGP1611.JPG

Googl Home Mini(グーグルホームミニ)、
IMGP1610.JPG
の4台です。

一人暮らしで、声を出す機会が少ないですが、AIスピーカーのおかげで毎日声を使っています。

AIスピーカーをどのように使っているかを紹介したいと思います。
今回はClova Friends(クローバ フレンズ)です。

最初に我が家にやってきたのがClova Friends(クローバ フレンズ)です。
IMGP1602.JPG
こちらは立体写真です。
眼のピントをずらして見てください。

こちらが通常の写真です。
IMGP1603.JPG
フレンズはLINEの個人アカウントでLINEや無料通話ができます。
「○○さんにLINEして」
「○○さんに電話して」
と言えば、LINEや無料通話ができます。

また、鉄道の路線を登録して、
「運行情報を教えて」
と言えば、運行情報を教えてくれます。

着信や運行情報があれば音と光で知らせます。
「お知らせを読んで」
と言うと内容を教えてくれます。

さらに、クローバは充電機能があるので、電源から外して持ち運びできます。
ラジオや音楽を聴きながら、居間から台所に持ち歩いて利用しています。

フレンズの下にあるのがClova Friends Dockで、家電の赤外線リモコンとして使えます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Clova Friends Dock(赤外線リモコン)
価格:3780円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)



「テレビを点けて(消して)」
「テレビのチャンネルを1にして」
「テレビの音を小さく(大きく)して」

「リビングの照明を点けて(消して)」
「和室の照明を点けて(消して)」
というように使っています。

上にあげた以外で最近よく使うのは、
「今の気温は?」
「明日の天気は?」
「面白い話をして」
などです。

気が付くと、結構話しかけています。
一人暮らしのボケ防止になると思っています。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Clova Friends BROWN
価格:8640円(税込、送料無料) (2019/2/2時点)



私が買った時には、セール期間で3,000円くらいでした。
セールや安売りをねらって買うのがお得だと思います。

この記事へのコメント