五回目の月命日

DSC_0808.JPG
妻が亡くなってから五回目の月命日です。

仏壇にお膳をあげました。
お墓にも行きたいのですが、今年最大級の寒波で雪がちらついてきました。
どうしようかな・・・。

この5カ月間で季節もかわり、様々なものが変わりました。

生活でいえば、二人暮らしから一人暮らしになったこと。
2が1になったと考えると、半分になっただけのことです。

でも、別の見方をすると、同居人が一人から無になったということ。
1と0の間には無限大の違いがあります。

変わったといえば、健康に気を遣うようになったことも。
寝込むような病気やケガをすれば、離れて暮らす子供たちに迷惑をかけてしまいます。
これも同居人が1と0の大きな違いです。

変わらないもの・・・。

片付きません。

妻が亡くなって、葬儀を終えて、2つの部屋とクローゼットと縁側にバタバタと突っ込んだままの物が山になっています。
この5カ月間、ほとんど手つかずの状態です。

最初の3か月は諸手続きの忙しさを、最近の2か月は寒さを言い訳にしています。

居間と仏間と台所だけは何とか片付いているのですが。
まあ、暖かくなったら手を付けようと思います。

それにしても、雪がやまないかな・・・。

この記事へのコメント