AIスピーカーと「しりとり」

AIスピーカーとしりとりをしてみました。
IMGP1611.JPG
うまくできたのはAmazon Echo Dot(エコードット)だけでした。

テレビで、ボケ防止にはしりとりが良いと言っていたので、AIスピーカーを相手にしりとりをしてみました。

「しりとりしよう」と話しかけると、どのスピーカーも自分から始めます。

LINEのClova Friends(クローバ フレンズ)は、
IMGP1603.JPG
「LINEが大切にしている、コミュニケーション」
と言って終わってしまいました。

同じくLINEのClova WAVE(クローバ ウェーブ)も、
IMGP1612.JPG
「ライン、あっ」とか「ブラウン」
で終わりです。

どうやら、LINEのClovaは、しりとりができなようです。

次は、Googl Home Mini(グーグルホームミニ)、
IMGP1610.JPG
「では私から、サボテン。あっ、ンがついてしまいました。完敗です」
で終了。

こちらも、しりとりをする気はないようです。

最後に、Amazon Echo Dot(エコードット)、
IMGP1611.JPG
「では私から、しりとり」
と言って、しりとりが始まり、何回かやり取りできます。

こちらが口ごもったり、答えられないと、
「よく聞き取れませんでした。もう一度言ってください」とか、
「私はしりとりと言ったので、りから始まる単語をお願いします」
などと答えます。

ちょっとした暇つぶしには良いかもしれません。


この記事へのコメント