いつもの散歩コースを逆回りしたら・・・

朝から暖かな春の陽気です。
IMGP1660.JPG
庭の梅のつぼみはもう少しで咲きそうです。

冬の間ずっと咲き続けているエリカはまだ咲いています。
IMGP1664.JPG
暖かいので、朝から散歩に出かけました。
いつもの4kmほどのコースを、気分をかえて逆周りで歩きました。

いつもの道も、歩く方向が変わると、今まで気づかなかったものが見えてきます。
こんなところに道があったんだ、この家に暖炉の煙突があったんだ等々。

そして、帰り道に差し掛かったところで、
私の少し前を歩いていた年配のご婦人に話しかけられました。

「旦那さん、前にも歩いてましたよね」

「ええ、運動不足にならないように、意識して歩こうと思ってます」

「そうですね、家でテレビばっかり見ていてはねえ、お一人ですか?」

「はい、昨年妻を亡くしまして、一人暮らしです」

「まあ、若いのに・・・」

「やっと、暖かくなってきましたね」

「本当に、このまま春になってくれればねえ、ご近所ですか」

「はい、○○の方です」

「そうですか、私はこちらの道ですから、それでは」

「それでは」

何気ない会話ですが、知らない方と歩きながら話すというのも良いものです。

いつもと同じ回り方をしていた、すれ違うだけだったと思います。
逆周りをしたからこそできた出会いでした。


この記事へのコメント