花瓶の花を好きな方向に向かせるアイデア

大きな花瓶に花を生けるとき、花が思い通りの方向に向いてくれないことがあります。
そんな時に便利なのが、セロハンテープです。

今日から春のお彼岸です。
仏壇の花を新しくしました。
DSC_1040.JPG

花瓶が大きくて、花がばらけてしまい、思い通りの形になりません。
DSC_1047.JPG
黄色の花が、どうしても後ろを向いてしまいます。

そんな時に、セロハンテープを使うとうまくいきます。
DSC_1042.JPG
花を向けたい方向に形を決めて、セロハンテープを花瓶の口を横断するように貼ります。

そうすると、花がまとまって、思う方向を向いてくれます。
DSC_1049.JPG

こちらの花瓶も、ユリの花が後ろに倒れてしまっていましたが、セロハンテープでうまく立ってくれました。
DSC_1045.JPG
後ろはこんな形でまとめてあります。
DSC_1043.JPG
花瓶大きさの割に、花の本数が少ない時などは、さらにセロハンテープを井にするとうまくいきます。
DSC_1046.JPG
セロハンテープを貼ってから花を生けるという方法もあります。
NHKの「趣味の園芸」で紹介していた方法です。

この記事へのコメント