老後資金のシュミレーション(5)節約方法

老後資金のシュミレーション(4)」で、年金生活のシュミレーションをした方法のお話しでしたが、シュミレーションはあくまでシュミレーションなので、実際に生かさなければ絵に描いた餅です。

今回は、実際に行った節約の方法のお話しです。
DSC_1057.JPG

今月、これまでに行ったのは、以下の4つです。

1.ポケットWi-Fiの解約(月額5,073円)
2.夕刊の解約(月額944円)
3.電子書籍読み放題の解約(月額980円)
4.インターネットTVの解約(680円)

どれも、契約した当初は必要を感じていたのですが、最近はほとんど使っていなかったものです。

この4つで、月額7,677円の節約になります。

毎月一定の金額が出ていくものですから、ほおっておけば年間9万2,124円の支払い。
10年間放置して払い続けると92万円以上、これは大きいです。

このほか、決まった額が出ていくのが、固定電話と携帯電話の料金です。

固定電話はほとんど使っていません。
セールスか詐欺の電話がほとんどなので、解約しようと思っています。

携帯電話はいろいろなサービスを申し込んでいて、複雑でわかりません。
どうすれば安くなるか、近いうちにショップに相談に行きたいと思っています。

「塵も積もれば山となる」の言葉通り、一つ一つの定額料金は安くても、集めると結構な額になりそうです。

さらに、使用量によって月々変動するのが、電気・ガス・水道の料金です。
こちらは、今月、節約を心がけてみました。
来月の請求額をみてから詳しいお話をしたいと思います。

この記事へのコメント