老後資金のシュミレーション(6)節約方法その2

前回、「老後資金のシュミレーション(5)節約方法」で、ポケットWi-Fi や夕刊の解約などの節約をしましたが、今回は携帯電話料金の見直しです。
IMGP1716.JPG
実は、私名義の携帯電話は4台あります。

1台はもともと私が使っていたもの。
2台は妻が使っていたもの。
もう1台は妻の母に持たせているものです。

妻が使っていた携帯は、亡くなる2ヶ月前に二人で沖縄旅行に行ったときに水没してしまいました。

旅行から返ってきた直後は、疲れもあって体調もおもわしくなく、3週間ほどたってから新たに買い換えました。

そのときに、月額300円ほどでサブの携帯がもてるということで、2台契約しました。
当時は、最低3年は使うつもりだったのです。
結果的に、1ヶ月ほどしか使いませんでした。

その後、解約はせずに名義だけ私に変更しました。

そこで、この4台の携帯の料金を見直すためにショップに行ってきました。

サブの携帯はもともと月額304円なので変更無し。
義母に持たせている携帯もシンプルプランなので変更無し。

まずは、妻のメインの携帯の「かけ放題」を「シンプルプラン」に変更。
これで、月額2,700円から980円になり、1,720円の節約。
さらに、「ケータイ補償」を解約して、月額750円の節約。

続いて私の携帯。
「かけ放題」を「シンプルプラン」にして、月額1,700円から980円で、720円の節約。
「トータルサポート」と「ケータイ補償」を解約してそれぞれ500円で、1,000円の節約。
さらに、知らない間に契約していた「動画視聴」を解約して540円の節約。

パケット定額料金はシェアパックで5ギガより小さいのが無くて節約できませんでした。
実際1ギガも使わないので、もっと小さくて安いのがあるといいのですが・・・、残念。

ということで、今日の手続きで、月額4,730円の節約になりました。
年間にすると、56,760円の節約です。

今日は、このほかにカード1つと、メールの使用料を解約して、年間4,974円の節約になりました。

あわせて、年間61,734円の節約となりました。

こつこつと見直すと、結構な額になるものです。年金生活には、こういった見直しが必要だと思います。

この記事へのコメント