縁台を作りました

作業台を兼ねた縁台を作りました。
幅183cm、奥行き60㎝、高さ40㎝ほどの大きさです。
長さ183センチの2×4材を10本で、材料費は3,480円でした。
DSC_1079.JPG
庭で大工仕事をするための作業台がほしかったので、縁台を作りました。

まずは、縁台を置く場所の確保です。
以前「濡れ縁の修理」をしたのは、南側でしたが、今回は東側です。
DSC_1072.JPG
植木鉢などを乱雑に重ねていた場所を片付けました。
DSC_1073.JPG
設計図などは描かずに、買ってきた2×4材を並べて作り方を考えます。

座面に雨がたまらないように、木材の間は5mmほどの隙間をあけます。
隙間を一定にするためのスペーサーにはCDケースを使いました。
DSC_1074.JPG
土台の枠を作って、
DSC_1076.JPG
脚をつけます。
DSC_1077.JPG
その上に、座面となる材を固定していきます。
DSC_1078.JPG
6枚並べて完成です。
DSC_1080.JPG
脚の間隔がちょっと狭くなりましたが、まずまずの仕上がりになりました。

この記事へのコメント