本棚を作りました(1)

本棚がほしくて、家具屋さんを回ったりネットで調べたりしたのですが、ちょうどいいサイズが無く、値段も高かったので、自分で作ることにしました。

材料費18,000円ほどかかりました。これでも買うよりはだいぶ安いです。
まだ完成はしていませんが、イメージとしてはこんな感じです。
DSC_1105.JPG

本棚が必要になったのは
東日本大震災の時に、大量の本を古屋敷の倉庫に移動しました。

古屋敷は、我が家から100㎞ほど離れた所にある集落の名前です。
そこに、昭和元年に建てられた崩れかけた元農家あります。
母屋を改修して、本棚を設置しようと思っていたのですが、なかなか作業がはかどらず8年が経過してしまいました。

このままでは本がかわいそうなので、自宅に戻すことにしました。
そんなわけで、大量の本を収納するための本棚が必要になりました。

材料の調達
まずはホームセンターで、1820㎜×910㎜×18㎜の集成材3枚を買って、カットしてもらいました。1カット50円で、19カットでした。

1枚は縦に6等分して、1820㎜×150㎜の長い板に、
あとの2枚は、縦に6等分したものを、さらに横に3等分して、605㎜×150㎜の板にしてもらいました。

長いほうは本棚の側板に、短いほうは棚板になります。
これで、本棚3個分です。
DSC_1084.JPG

ダボ穴あけ
次は、側板に15㎜間隔にダボ穴をあけていきます。
DSC_1093.JPG
2枚一緒に穴をあけるので、垂直に穴をあけるためのドリルガイドを使いました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SK11 ドリルガイドキット SGK-6
価格:965円(税込、送料別) (2019/4/11時点)



こんな感じで、15㎜間隔の穴を貫通させてあります。
これは、少ない本棚で大量の本を収納するためのアイデアです。
DSC_1094.JPG
プロが使うような道具を使えば簡単なのかもしれませんが、素人の道具と腕なので、ここまでの作業に2日以上かかりました。

続きます
話が長くなりそうなので、今日はここまでで、次回に続けます。

この記事へのコメント