雪見障子をプラスチック障子紙に張り替えました

黄ばんでいた雪見障子を張り替えました。
白さが映えて、明るくなりました。
DSC_1344.JPG

物置状態になっていた縁側を、本棚を置くために片付けたら、障子の黄ばみが気になりました。

そこで、障子を張り替えることにしました。

今回は、通常の障子紙の7倍に強度があって、水拭きもでき、UVを95%カットするというプラスチック障子紙を使うことにしました。

張り替え作業も簡単でした。

まずは、ノリを水で溶かして、古い障子紙をはがします。
DSC_1336.JPG
桟に残った古いノリを掃除するのが大変でした。

今回は、プラスチック障子紙専用の両面テープを使って貼ります。
DSC_1340.JPG

桟に両面テープを貼って、障子紙を貼ります。
DSC_1339.JPG
ノリを使うより、次回に張り替えるときの掃除も簡単そうです。

写真ではわかりづらいですが、だいぶ明るくなりました。
DSC_1345.JPG

庭もきれいに見えるようになりました。
DSC_1344.JPG

この記事へのコメント