三十数年ぶりに囲碁をしてみたくなって

三十数年ぶりに囲碁をしてみようと思い、道具をそろえました。
DSC_1395.JPG

新任のころ、配属された職場に囲碁を趣味にする先輩が何人もいました。
先輩たちに教わって囲碁をおぼえ、数年間は職場の仲間と囲碁を楽しんでいました。

その後、転勤とともに、現在までの三十数年間、囲碁をする機会がありませんでした。

最近、ふと思い立って、久しぶりに囲碁をやってみることにしました。

まずは、道具です。

囲碁を覚えたてのころ、先輩たちに
「強くなりたいなら、良い道具をそろえなさい」
ということを言われました。

高い道具を買えば、簡単に投げ出さないし、元を取ろうと思って一生懸命に勉強するというのです。

一理あると思いましたが、当時の安月給で高いものを買えるわけもなく、道具をそろえることはありませんでした。

で、今回はというと・・・。

まずは、近所のリサイクルショップを回ってみました。

ホコリを被ったボロボロの足つきの碁盤を2,500円で買ってきました。
DSC_1396.JPG
写真で見るときれいに見えますが、結構傷だらけです。

碁石と碁笥は、リサイクルショップに無かったのでネットで安いのを探しました。
DSC_1398.JPG
何回か石を並べているうちに、テーブルで使える碁盤がほしくなり、板の碁盤を買いました。
DSC_1399.JPG
四十年ほど前の入門書を引っ張り出して勉強を始めましたが、対局できるようになるには時間がかかりそうです。

さて、いつまで続くでしょうか?
元手をかけてないから強くならないかな(笑)

この記事へのコメント