電子レンジで焼き芋

サツマイモをいっぱいいただいたので、さっそく電子レンジで焼き芋を作りました。

電子レンジを使った焼き芋の作り方を紹介します。
DSC_1709.JPG
我が家の3人の子供たちがお世話になった保育園の園長先生からサツマイモをいただきました。

さっそく焼き芋を作ることにしました。

先日テレビで紹介していた方法を試してみました。

まず、サツマイモを洗って、
DSC_1704.JPG

キッチンペーパー2枚に水を浸み込ませたもので包みます。
DSC_1705.JPG

さらに、ラップで包みます。
DSC_1706.JPG

ここからは、電子レンジで2段階。

第1段階。
500ワットで2分間。

第2段階。
200ワットで8分間。
テレビでは、解凍ボタンで8分間と言っていたのですが、
我が家のレンジでは、解凍ボタンを使うとすぐ止まってしまったので、出力調節ボタンで200ワットにしました。

いずれにしても、じっくりと過熱することが美味しい焼き芋にする秘訣なようです。

実際にやってみると、まだ硬かったので、さらに5分間加熱しました。

焼き芋っぽいものになりました。
DSC_1707.JPG

初物なので、さっそくお母さんにあげました。
DSC_1708.JPG

しっとりしたというよりは、ホッコリした焼き芋になりました。
しっとりとホッコリの違いは、芋の品種によるものか、過熱の方法によるものかは分かりませんが、美味しくできました。
よろしかったら参考にしてみてください。

この記事へのコメント