"孫にウケる○○"の記事一覧

孫にウケる(かもしれない)輪ゴムの瞬間移動

指にかけた輪ゴムが、別の指に、瞬間的に移動します。 とても簡単な手品です。 使うのは輪ゴムだけです。 輪ゴムを、人差し指と中指にかけます。 輪ゴムを引っ張って、 その中に、4本の指を入れるように握ります。 手の甲の側を相手に見せます。 輪ゴムは人差し指と中指にかかっています。 …

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)水の入ったコップの二段重ね

水の入ったコップの上に、水の入ったコップを逆さにのせます。 前回の「孫にウケる(かもしれない)水が漏れない逆さコップ」の応用です。 タネも仕掛けもなく、簡単です。 使うのは、同じサイズのコップ2つと水を通さない空き袋などです。 インスタントラーメンを使うのではありません(笑) 2つのコップに水を満たします。…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)水が漏れない逆さコップ

水の入ったコップを逆さまにしても、水が漏れません。 タネも仕掛けもなく、簡単です。 使うのは、コップと紙(コピー用紙やチラシなど)です。 コップに水を入れます。 コップの口に紙をかぶせて、 手でおさえながら逆さまにします。 紙をおさえていた手を放しても水はこぼれません。 傾け…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)輪ゴムで飛ばす飛行機

輪ゴムで飛ばす、厚紙で作る飛行機です。 作るのに、ちょっと手間がかかります。 使うのは、厚紙、割りばし、輪ゴム、ハサミ、セロハンテープ、のり、定規です。 まず、写真のサイズで胴体を作ります。 厚紙の写真を撮り忘れたので、試作したときの薄い紙の写真です。 次に、主翼、 尾翼を作ります。 …

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)ブンブン羽根

両手に持った糸で羽根を回します。 作り方は、とても簡単です。 使うのは、厚紙、糸、ハサミ、コンパス(針を使います)、定規です。 厚紙を、写真のように切ります。 糸を通す穴の印を2㎝間隔で着けておきます。 これが羽根になります。 穴に糸をととおして輪にすれば完成です。 糸を両手に持って羽根を回…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)輪ゴムで飛ばす円盤

輪ゴムで、厚紙で作った円盤を飛ばします。 作り方は、とても簡単です。 使うのは、厚紙、割りばし、十円玉、ハサミと輪ゴム(写真を撮るのを忘れました)です。 輪ゴムを割りばしに取り付けて、厚紙を十円玉を型にして丸く切りまる。ゴムをひっかける切込みを入れます。 これで完成です。 円盤の切込みにゴムをひっかけて…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)シュッと伸びる棒

お祭りの屋台などで売っていたオモチャです。 作り方は簡単です。 使うのは、新聞広告、割りばし、カッター、セロハンテープです。 新聞広告は、厚くてツルツルしているものを選びます。 4等分したら、幅10㎝ほどになりました。 4枚をセロハンテープでつないでいきます。 端を割りばしに貼り付けます。 …

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)鳥をカゴに入れる

表に描いた鳥を、裏に描いたカゴに入れます。 作り方は簡単です。 使うのは、厚紙、割りばし、白い紙、ハサミ、セロハンテープ、のり、そしてマジックです。 厚紙と白い紙2枚を同じ大きさに切ります。 割りばしを厚紙にセロハンテープで固定します。 白い紙に、鳥とカゴの絵を描きます。 絵を…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)水と油、氷はどっちに

氷は水に浮き、油には沈みます。 それでは、水と油の入ったコップに氷を入れたらどうなるでしょう? 用意するのは、コップと氷とサラダ油と水です。 コップに水を入れて、 氷を浮かべます。 氷山の一角というやつで、氷のほとんどは水面下にあります。 これに、サラダ油を注ぐと・・・、 氷は、ほとんど…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)手に吸い付くコップ

手のひらにコップが吸い付いて落ちません。 単純なマジックのようなものです。 使うのは、氷水とお湯とコップです。 コップにお湯を入れて温めます。 火傷しないように気をつけてください。 コップが熱くなったところで、お湯を捨てて、氷水に入れ、手のひらで口をふさぎます。 コップが手に吸い付くのを感じた…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)○○のネタがそろそろ・・・

先月の、突然の休校要請以来、家の中にいる子供が喜ぶようなものをと思って「孫にウケる(かもしれない)○○」を始めました。 最初は、春休みが始まるまでのつもりでした。 しかし、春休み期間になっても、子供の置かれている状況は変わらず、 「孫にウケる(かもしれない)○○」も、新学期が始まるまで続けようと思いました。 ここにき…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)立体パズル

牛乳パックで作る、色合わせの立体パズルです。 使うのは、牛乳パック、2色の折り紙、ハサミ、セロハンテープ、のり、定規、鉛筆です。 折り紙でなくて、色違いのマジックでもいいです。 2色無ければ、1色でもできます。 家にあった千羽鶴用の折り紙が、牛乳パックの幅とぴったりだったので使ってみました。 開いた牛乳…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)ブーメラン

牛乳パックで作るブーメランです。 作り方は簡単です。 使うのは、牛乳パック、ハサミ、セロハンテープです。 牛乳パックの大きな長方形1つを使います。 2つに切るために線を入れます。 縦、約19cm、横、約3cmの長方形が2つできました。 折り目を入れるために、ハサミの背であとをつけます。 …

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)竹とんぼ

牛乳パックとストローで作る竹とんぼです。 天井に張り付くほどには飛びませんが、それなりに楽しめると思います。 使うのは、牛乳パック、ストロー、ハサミ、セロハンテープ、定規です。 まず、牛乳パックを写真の線のように切ります。 中心から、左右に1㎝のところに切込みを入れます。 点線のところを、定規を…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない) ビンの水を速く出す

ビンの水を速く出すだけですが、孫と競争すると面白いと思います。 昨日の、孫にウケる(かもしれない)ビンの上の10円玉を動かすで使ったビンを使います。 使うのはビンだけです。ビンに水を入れて、 用意ドンで、水を出します。 要領がわからなければ、ただ、ビンをさかさまにするだけで、水はゴボッ、ゴボッと音を立てて出てきま…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)割れない風船(種あり)

針を刺しても割れない風船です。 以前の「ゴム風船には、刺しても割れないところが2か所」と違って種があります。 用意するのは、ゴム風船とビニールテープと針です。 今回は、透明なビニールテープが無かったので、セロハンテープを使いました。 ビニールテープのほうが球面に貼りやすく破れにくいです。 ゴム風船を膨らませて透…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)割れない水袋

水を入れた袋に鉛筆を刺しても、割れたり水が漏れたりしません。 タネも、仕掛けも、テクニックもなく、簡単にできます。 使うのは、ポリ袋、ひも、鉛筆です。 透明なポリ袋に水を入れて、ひもでつるします。(手に持ってもかまいません) 鉛筆を刺しても、割れたり水が漏れたりしません。 次々に鉛筆を刺していき…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)静電気でチョウチョがひらひら

静電気で、レジ袋で作ったチョウチョがひらひらと浮きます。 レジ袋を切るだけで、簡単にできます。 使うのは、プラスチックの下敷き、レジ袋、ティッシュペーパー、ハサミです。 下敷きが見当たらなかったので、プラスチックのまな板を使いました。 レジ袋を切って作ったチョウチョを、ティッシュペーパーでこすります。 ちょっと…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)簡単にできる盲斑(盲点)の実験

前回の針穴写真機(孫にウケる(かもしれない)針穴写真機)は、けっこう手間がかかるので、あっという間に作れて、子供が喜びそうなものを紹介します。 眼の盲斑(盲点)の実験です。 実際にあるものが見えなくなり、無いものが見えます。 使ったのは、折り紙と何かの請求のはがきとマジック、修正ペンです。 紙とペンがあればできます。…

続きを読むread more

孫にウケる(かもしれない)針穴写真機

今回は、作るのにちょっと時間がかかる針穴写真機(ピンホールカメラ)です。 虫メガネ(ルーペ)を使うと、より鮮明に見えます。 使うものは、牛乳パック2個、レジ袋、虫メガネ、穴あけ、ハサミ、セロハンテープ、それからアルミホイルです。 虫メガネは写真のものより小さいほうがいいようです。 まず、1つの牛乳パックを写真…

続きを読むread more